自分より大きな存在

クリスチャンの考え方のポイントは自分より大きな存在(神)を認め、そして自分の存在意義をその存在の下に置くということだと思います。 これがどういうことかというと人の人生は自分が中心のものではない、ということです。“あなたを造られた神が世界や歴史の主役であなたは脇役ですよ”ということです。そして聖書は“自分が何をどうしようかと考えることは大事だけでそのことで悩むよりまずは神が主役であることを受け入れ、自分より大きな存在が提供してくれる人生の道を歩んでごらん”と語りかけてくれています。 自分だけでできることは小さいことです。そんな小さな存在である自分の力に頼って生きることはあまり賢い選択ではないと思います。自分よりも大きな存在が与えてくれる目的、自分だけではできないようなことを目標にして生きることが本来の人生の意味なんだよ、と聖書は教えています。私たちは自分が何をすべきか、何ができそうか、などに捉われすぎているのではないでしょうか?自分よりも大きな存在がいることを信じ、その方にメッセージである聖書の語りかけに信頼をしてあまり自分自身に囚われずに生きていくことがいいのではないでしょうか。スポーツでも仕事でもそうですが自分だけではできない目標を持ってそれをみんなで達成することは自分の小さな目標を達成するより充実感や喜びは大きいと思います。励ましあえる仲間がいることだけでもいいことですね。   キリスト教は聖書を元にしています。その聖書に描写されている神は人格を持つ神(実際は人間が神の形に造られた、と書かれています)です。聖書では神が自らの愛を人間に示すために人となってこられたのがイエス・キリストである、と書いています。以下抜粋です。 “神は実にそのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく永遠のいのちを持つためである。” “私たちは私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても圧倒的な勝利者となるのです。” “あなたがたの思い煩いをいっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくだ さるからです。” だからDon’t Worry. 神様に信頼して人生を歩むことを決めた時から格段に素晴らしい人生を始めるきっかけが生まれます。Better late then never!

Abundance Mentality

考え方ひとつで人は変わるものです。人の世界観はその人に大きな影響を与えます。世界観は様々な要素から成り立っていますがそのうちの一つが“Abundancy Mentality(物事は豊かにある)”と“Scarcity Mentality(物事は不足している)”という対照的な2つの世界観です。 Abundancy Mentalityを基本的な世界観として持っている人はコップに水が半分入っているのを見て”半分もある“と考えます。半分もあるのだから人に分けることもできる、と考えます。また世の中には十分な資源があり水はまたコップに満たされてくる、と考えます。 それに対してScarcity Mentalityを基本的な世界観として持っている人はコップに水は半分しか入っていない、と守りの姿勢に入ります。そして世の中には資源は限定されているのだからできるだけ人から奪わなければコップに水を満たすことができない、と考えます。他のひとにシェアをすることに非常に抵抗感を感じます。 聖書にはこのように書かれています。“与える方が受け取るより幸いである。” 何かを受け取る時ももちろんそうですが私たちは与える時に喜びを感じるように造られています。人に親切にした時、助けた時、あるいは何か経済的な援助をしてあげた時など自分も幸せな気持ちになれます。言葉だけで世界を創造された神様は無限の力を持っていらっしゃいます。聖書に書かれている神様の存在を信じることは神様がその無限の力を持って私たちを助けてくれることを信じることです。 聖書にはこのように書かれています。“あなたが十分の一をささげれば、私はあなた方のために天の窓を開いて受け止めることができないほどの祝福をあふれるばかりに注ごう。” 祝福というものは経済的なものに限られません。ただ世界を創造した神様が作られた法則では与えるものは人間関係が祝福されビジネスにおいても成功する確率が高まるようになっている気がします。“金は天下の回りもの“とも言いますね。神様に愛されているのだから神様を信頼して人生やっていきましょう。そしてAbundancy Mentalityを持って周りにシェアをして人生を楽しんで生きましょう。 たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったならば、なんの益になろうか。-聖書-

明け渡し

クリスチャンの世界観のひとつに“明け渡し”という概念があります。 私たちは絶えず身の回りの状況や環境に能動的に働きかけ、自分たちの目的を達成するように努力をします。私のように目的志向が強い人ほどこのような傾向が強いと思います。人類の発展は多くがこのような環境に対しての戦い、あるいは自分たちにとってより良い環境を作り出すための努力の結果です。 その反面クリスチャンの概念のひとつに“明け渡し“というものがあります。私たちは状況に能動的に働きかけチャレンジを克服していくことにより成長していきます。ただそれだけではなく本当の成長は神様への明け渡しをすることにより自分自身が完成されていく、という概念です。 明け渡しとは何でしょうか。それはすべてのことに神の御手が関わっていることを認めることです。そしてそれが自分にとって最善のことである、ということを信じることです。人生には小さな困難から乗り超えることができない困難までいろいろなチャレンジがあります。それらすべてに神の心が働いていることを信じそれが自分の益になること、それにより自分の力では成長しきれない神様によってのみ成し遂げられる自分の成長を期待することです。それはどんな状況でも希望を捨てないことを学ぶことでもあります。人生何でも自分の力で切り開いていくのではなく神様の導きを待つ忍耐を学ぶことでもあります。 人生とは何でしょうか?この人生で成功することが目的でしょうか?それともこの人生の次に永遠の世界がありこの人生はその世界に向けての準備とトレーニングの場所なのでしょうか?クリスチャンはこの人生自体に大きな意味があることを信じています。ただ人生の一番の意味は次の世界へのトレーニングであることも信じています。そしてトレーニングのひとつが神様の導きを待つ“明け渡し”を学ぶものと考えます。この人生で成功をするかどうか、金持ちになるかどうか、有名になるかどうか、よりも神様に与えられた機会、才能をどれだけしっかりと活用したか、またそれだけでなく神様に与えられたトレーニングをしっかりと積んだか、により人生の本当の意味が出てくる、と考えるのです。 人生の意味は“自分”にあるのではなく創造者である神にあるからです。そして聖書にはこのように約束が私たちに与えられています。 聖書の言葉 “神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを私たちは知っています。” “わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。”

断食をしました

金、土、日と3日間の断食をしました。 今回はゆっくりと本を読んだり考えたり、祈ったり以外にランニングやテニスもしました。断食中の運動はすぐに息が切れることが分かりました。普段よりかなりきつかったです。でも特に問題なく3日間を過ごせました。食事をしなくても体は結構大丈夫なもんですね。 いろいろな気付きを神様からもらいました。仕事のこと、自分にかけているものなど普段よりも多くの気付きが与えられて本当に良かったと思います。最後は食事ができるまでカウントダウンしましたけどね。 普段食事は朝、昼、夜と取っていますが特にお腹がすいていないのに取る場合も結構あります。これに関して今回気付いたのは; 食事をしないと結構時間が余る 特に食事を少し飛ばしても問題がない。 お腹がすいた方が食事がおいしい。 あたり前かもしれませんが上記を実感しました。食事は飛ばしても問題ないしその分本を読んだり有意義に過ごせればいいな、そしていつも胃腸を働かせているより少し休ませてあげて食事をおいしくいただきたいな、と思います。 聖書を読んで神様に祈る時間を多く取ることにより大事なことを学びエネルギーがもらえた、と思います。これから3日間かけてゆっくりと食事を普段のものに戻して行く予定です。 でも早くかつ丼などがっつりとした食事をしたいな!

Don’t worry, be happy

世の中色々な分断がありますね。米国では共和党と民主党、日本では日本と韓国の分断などがマスコミに良く取り上げられます。 ある牧師先生が話してくれました。“私たちは他人に気持ちや考え方を変えることはできない、影響はできるけど考え方を変えることができるのは自分自身だけだ。だから自分だけはいつでも笑顔でいなさい。そして1日が終わったら自分に“良くやった”と励ましてあげなさい。ひとりひとりがハッピーにならなければ世界は変わらない。“ 聖書にはこう書かれています。“あなたは高価で尊い!”神様は神様の形にひとりひとりの人間を創造しその上で“あなたは高価で尊い”と言われています。また“神は実にその独り子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じるものが一人として滅びることなく永遠の命を持つためである。”と書かれているように私たちを愛してくださっていることが聖書には書かれています。だからDon’t Worry!、Be Happy!僕もあなたも神様の作品です。高価でたくさん愛されている存在です。その上でこの世界を造られた神様からひとりひとりに目的を持った命を授かっています。 人生の最も大事な日は自分が生まれて来た日と生まれた理由を発見した日である、とマーク・トウェインは言っています。自分は目的を持って愛されて造られている、それは例えば単に一人の人にやさしくするような小さなことかもしれません。でも聖書は約束しています。“あなたは小さなことに忠実であったので大きなことを任せよう” 神様を信じる者には天国では祝宴とご褒美が用意されています。

Blog at WordPress.com.

Up ↑