Best day

I had 2 dates today! One in the morning with my younger daughter which we hiked together. Then another in the afternoon with my older daughter where we went to have have treats together. It's such a blessing that I can have 2 dates in one day! God is a wonderful father. I am very... Continue Reading →

お金との上手な付き合い方

聖書で最も多く取り扱われているテーマがお金であることをご存知でしょうか?聖書全体で2300か所以上、そしてキリストの話も15%がお金にまつわることです。お金はどの時代でも人間にとって気になるものですね。 実は私は会計士ですがお金に執着する人はあまり幸せでないように見受けます。心がお金に支配されているからです。逆に金持ちであってもなくてもお金を使いこなしている人はいいですね。テレビなどで時々お金とあまり関係ないような生活をしている人を見ることがあります。そのような人を見ているとこちらまで幸せな気持ちになることはありませんか?与えられたもので満足をして1日1日を感謝を持って過ごす、これは理想的なお金との付き合い方だと思います。 キリストはこのように言いました。“空の鳥をみなさい。食べ物の心配をしていますか>種をまいたり、刈り取ったり、倉庫にため込んだりしていますか。そんなことをしなくても天の父は鳥を養っておられるでしょう。まして、あなた方は天の父の取って鳥よりはるかに価値があるのです。” これは無責任なことを奨励しているのではありません。なぜなら他の個所では神様から与えられた才能をしっかりと使うことをキリストは奨励しているからです。お金持ちになることは大いにいいことです。ただお金持ちの場合は特にお金に頼らない生き方をすることはお金がない時より難しいですね。お金は自分のために使うために貯めたい、と思いますね。ただ聖書ではお金を他の人たちが幸せになるために自分に与えられたツールであり、いつでも失ってしまう可能性がある。あまりお金を貯めることに固執するな、お金のあるなしに関わらず人と神様を愛する生き方ができれば本当に心の自由があたえられるのだと教えています。 だからお金があってもなくてもDon’t Worry! 周りの人を大切にしましょう。お金よりも人間関係を大事にする生き方をしていればお金に使われるのではなくお金に仕えてもらえる人生が送れるはずです。 聖書が大事だと教えているのは以下のものです。 “いつまでも残るものが3つあります。信仰と希望と愛です。その中で最も優れているものは愛です。” -聖書-

Ultimate entitlement

The other day I had breakfast with a friend of mine. He shared this story; "I have a friend who was becoming homeless, so I let him live in a house I own. He was thankful but when he started to treat the house as if he owned it and when I asked him to... Continue Reading →

Don’t worry, be happy

世の中色々な分断がありますね。米国では共和党と民主党、日本では日本と韓国の分断などがマスコミに良く取り上げられます。 ある牧師先生が話してくれました。“私たちは他人に気持ちや考え方を変えることはできない、影響はできるけど考え方を変えることができるのは自分自身だけだ。だから自分だけはいつでも笑顔でいなさい。そして1日が終わったら自分に“良くやった”と励ましてあげなさい。ひとりひとりがハッピーにならなければ世界は変わらない。“ 聖書にはこう書かれています。“あなたは高価で尊い!”神様は神様の形にひとりひとりの人間を創造しその上で“あなたは高価で尊い”と言われています。また“神は実にその独り子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じるものが一人として滅びることなく永遠の命を持つためである。”と書かれているように私たちを愛してくださっていることが聖書には書かれています。だからDon’t Worry!、Be Happy!僕もあなたも神様の作品です。高価でたくさん愛されている存在です。その上でこの世界を造られた神様からひとりひとりに目的を持った命を授かっています。 人生の最も大事な日は自分が生まれて来た日と生まれた理由を発見した日である、とマーク・トウェインは言っています。自分は目的を持って愛されて造られている、それは例えば単に一人の人にやさしくするような小さなことかもしれません。でも聖書は約束しています。“あなたは小さなことに忠実であったので大きなことを任せよう” 神様を信じる者には天国では祝宴とご褒美が用意されています。

The road not taken

I want to introduce my thoughts after hearing a message from the pastor of our church today. The message was about the choices we make. He referred to the famous poem "the road not taken" by Robert Frost. The poem starts and ends as below; "Two roads diverged in a yellow wood, And sorry I... Continue Reading →

The blame game

  Whenever there are things that don’t go my way, I like to blame others or the circumstances. Especially blaming others is so enticing because it empowers. Placing myself as a victim is justifies many things. I can justify my inabilities, my mistakes, my shortcomings by making myself a victim. By making myself a victim,... Continue Reading →

Empathy and understanding

I was a bit down yesterday after reading a report from the consultant we hired to investigate a certain problem we have in our company. The report did not actually did not write about the problem itself but suggested that there are quite a bit of negativity in our company and improvement of culture is... Continue Reading →

進歩できる!と信じよう

仕事をしている人ならば誰もができる人になりたいと考えていると思います。少なくても仕事に振り回されるのではなく仕事をしっかりとコントロールして意義のある生活を送りたい、と考えているとおもいます。少なくても私はそうです。   仕事には一日のうち多くの時間を割いています。できれば生産性の高い仕事をしていい給料をもらい、その上でできれば職場やお客様たちに尊敬してもらえる、そのような人になりたい、と考えています。このようなことは考えながらもついつい日常の仕事に流されてしまっている、ということが多いのではないでしょうか?   私の職場でもできるだけこのようなことを改善しよう、と考えています。いろいろと話しあっていることをシェアしたいと思います。   まずは“本当に仕事ができる人になれるの?”という疑問に自分自身が答えなければならないと思います。できると信じなければ何も始まりません。またできることとできないことがあります。生まれた時に与えられた才能とそうでないものがあります。例えば私が今更体操の選手になろうとしてもなれません。それと同じくできることとできないことがあります。まずは今からでもできることを理解してそのスキルを真剣に身に付けることを実行する必要があります。   例えば以下のスキルは先天的なものでしょうか?あるいは身に付けることはできるでしょうか?   お客様に喜んでもらえるようなコミュニケーションができる。 仕事・プロジェクトの要点を出来るだけ早く把握する。 仕事・プロジェクトのスケジュールを毎回頭にいれる。 仕事・プロジェクトに関して計画をまず作る   例えば上記の仕事の基本的4項目ですがこれは生まれながらの能力の問題でしょうか?それとも努力により習得していくことができるものでしょうか?確かに才能や肩書などでやりやすさは違うかもしれません。ただ上記の少なくとも50%は自分の努力で上手になることができるものではないでしょうか?時間がかかっても身に付けることができる、と信じていますか?   そしてこれらのスキルをどうやって身につけていくか、あるいはチームのみんなで励まし合いながらレベルアップしていけるようにしていく具体的システムをどのように作っていきますか?人任せにしていないですか?   まずはこのことから考え自分は進歩できる!ということを信じてアクションを取っていくことが大事だと思います。

リスペクト(敬意)

Two Milesのコアバリューは以下の通りです。 Smart, Respect, Leadの3要素です。Respectはその中のひとつですがなぜそうなのかを説明したいと思います。というか自分に言い聞かせるために書いている、というのが本当かもしれません。参考にした聖書の引用をいくつか挙げています。 A. Respectはいいチームを作るために不可欠 いいチームはチームメートがお互いを認め合い信頼して一緒に仕事ができることにより成り立ちます。仲がいいだけでは向上しなくどこかで崩壊してしまいます。お互いが他者を優先して自分にしてほしいように他者にする(聖書マタイ6:31)ことを心がけることによりチームは向上し楽しく仕事ができるのではないかと思います。敬意を持てない人に仕えることは難しいですね。敬意をもってもらえるような人間になりたいと思います。 B. すべての人は価値がある。 人間だれでも長所があります。人の長所を見ようとしないで悪口を言ったり見下したような態度を取る場合、私たちは優越感を感じます。ただそのような態度の人を見る他人は逆にそのような態度を取っている人は尊敬できないと思います。自分も含めみんな価値があるように作られた素晴らしい人間です。”あなたは尊い”(聖書イザヤ書43:4) それではどうすれば敬意をいつも持っているような人になれるだろうか?2つのことを考えました。 1.ほかの人を自分より優れたものと考える(聖書ピリピ2:3) 2.敬意を行動で示す。しっかりと聞き、励まし、助ける。 敬意と信頼関係でいっぱいになっているチームを作りたいですね。仲がいいだけでなくお互いに建設的な批判も自由に言い合えるチームがいいですね。これがRespectをコアバリューに挙げている理由です。

Blog at WordPress.com.

Up ↑